星の読みかた

4元素3区分の意味とキーワード

「4元素3区分」と聞くとなんだか難しい印象を受けるので、紐解いていきましょう

  • 4元素=4エレメント
  • 3区分=3クオリティ(3モダリティとも言う)
                    ※モダリティ:modarityとは様相、様態という意味

4元素3区分とは、12星座(サイン)の性質を種類分けしたもの

12星座(サイン)は、性質ごとに更に4種類や3種類に分類できます。それを整理したものが4元素3区分です

基本的な星読みのやりかたは下記の3通りありますが

  1. 「10の天体」が「どの星座(サイン)」にあるのか
  2. 「10の天体」が「どのハウス」にあるのか
  3. 「10の天体」がどんな位置関係にあるのか

一見、星座(サイン)は関係ないようにに見える②や③のときにも、12星座(サイン)の性質を知っていることによって解釈を深めることができるのです

それぞれ見てみましょう

エレメントやクオリティ(モダリティ)は英語表記でイメージが付きやすいと思うので併記します

4元素=火、土、風、水

4元素とは、12星座(サイン)それぞれが持つ雰囲気やタイプを示すものです

修飾語的なものと考えるとわかりやすいと思います

火(Fire):おひつじ、しし、いて

想起力、突進力、推進力、勢いがあります

好奇心や冒険心、興奮

地(Earth):やぎ、おうし、おとめ

実態のあるもの、現実感を重要視します

保守的、現実的、着実さ、慎重さ

風(Air):てんびん、みずがめ、ふたご

情報や分析に強く外向性があります

客観的、流動性

水(Water):かに、さそり、うお

共感力や感受性が高い

実態のないもの、移りゆく新鮮な状態、内向性

3区分=活動宮、固定宮、柔軟宮

3区分とは、12星座(サイン)それぞれが持っている行動様態を示すものです

活動宮(Cardinal):おひつじ、やぎ、てんびん、かに

活動宮は、物事を起こす基本的で直接的なエネルギーの特徴がある性質です

英語ではCardinal(基礎、もとになるもの)という意味なので、日本語訳は本来は「基本宮」のほうがしっくり来ると個人的には思っています

固定宮(Fixed):しし、おうし、みずがめ、さそり

固定宮は、物事や事象を留まらせる特徴のある性質を持ちます

留まらせる(安定させる)ために整理したり維持する働きも含みます

柔軟宮(Mutable):いて、おとめ、ふたご、うお

柔軟宮は、外部の状況に臨機応変に対応していく特徴の性質を持ちます

英語ではMutable(変わりやすい、無情、可変の)という意味です

12サインを4元素3区分に整理した表がこちら

上記の内容を表にするとこんな感じになります

活動宮 おひつじ やぎ てんびん かに
固定宮 しし おうし みずがめ さそり
柔軟宮 いて おとめ ふたご うお