プロフィール

私が独学で占星術を始めた理由

私が占星術を始めることになった背景

このブログはもともと美容的な発信をするために設けましたが、海外在住歴が長くなるにつれ、自分の中での「美意識」が変わっていきました。主に20代までを過ごした日本にいた頃は見た目の美しさに執着していたように思います。生きていく中で、物理的に居住地を変え、いろんな美意識や価値観を見てきた中で30代を迎え、その美意識は見た目だけでなく内面や精神的な美しさを含有した意味のあるものに感じるようになりました。そうした中では、自分の趣味嗜好を超えて「もともと自分に備わって生まれてきたもの」に意識が向くようになり、その一環として占星術というものに出会いました(知ってはいましたが、占いにのめり込むタイプではありません)。

「占いが当たる」理由がわかった

私は太陽星座が獅子座なのですが、雑誌やテレビの占いが「当たるな〜!」と感じることが結構多かったんですよね。でも同時に「占いなんて当てずっぽう」だという認識もあったので、まだ占星術を知らない時には「私は獅子座の特徴を強く持って生まれてきたのかな」程度に思っていました。

ある時、無料でホロスコープが作れるというサイトを知り、母子手帳を母にもらって自分が生まれた時間と生まれた産婦人科を調べ、自分のホロスコープを出してみたときにハッとしました。

なんと、獅子座に主要な4つの天体が集中していたのです(月、太陽、水星、火星)。まだ占星術を知らない頃に自分が「私は獅子座の特徴を強く持って生まれてきたのかな」と思った感覚はまさにこの事だったのかと気がついて、占星術はきちんと細かく見ていけば当たる部分も多いかもという認識に変わりました。これが、ちゃんと学んでみようと思ったきっかけです。

星のアスペクトが自分の人生を表現していた

更に調べていくと、これまでの自分の人生には、不可抗力により人生を強制的に軌道修正させられてきた経験(太陽と冥王星のスクエア)や、主に情報発信やライティングによるPRを仕事としてきた経験(水星ノーアスペクト)など、わかりやすくホロスコープに重なる点をいくつか発見しました。そうして自分のネイタルチャートを読んだ情報をもとに、仲の良い友人のネイタルチャートを見て資料をあげたところ、とても喜んでくれたのが私も嬉しくて、これはもう少し本腰を入れて勉強してみようということになったのでした。

私は海外在住なので日本で評判の良いとされている講座は受けられないため、できる限り独学で勉強していき、このブログで書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。