旧:美容ブログ

矯正12日目:「慣れ」は突然やってくる

こんにちは。Bちゃんです。

矯正12日目の様子をどうぞ!

突然ラクになったアライナーの付け外し

なんだか突然アライナーの付け外しが楽にできるようになったんですよ。私が慣れたのか、それともアライナーが緩んだ(歪んだ)のか?!そもそもアライナーとかアタッチメントってそんなもろい造りではないと思うので調べてみました。

アライナーの素材

アライナーは厚さ0.5ミリの「ポリウレタン」からつくられる「スマートトラック」という素材で出来ているそうです。

スマートトラックの技術についてアライナーの製造過程の動画を見つけたので、ぜひ見てみてください!!高いお金払っているのも満足できると思います(笑)。技術がすごい!

アタッチメントの素材

アタッチメントはレジン(歯と同色の樹脂)でできているようです。これって、詰め物とか被せ物にもよく使われている素材ですね。

余談ですが、私は矯正後、前歯2本の間にブラックトライアングルが出来てしまう設計なのです。ここは、審美歯科でレジンで埋めることができるのかなぁって予想しています(ブラックトライアングルについてはまだ調べ中)。

日常生活でアライナーは歪んでしまうのか?

インビザライン治療初日にクリニックでもらったアライナーの取扱説明書には

・破損を防ぐため、不必要な取り外しはしないでください。
・複数のアタッチメントが付いているアライナーを取り外す場合は、お取り扱いに特にご注意ください。無理に曲げる、ねじるなど、過剰な力は加えないでください。

と記載されている部分がありますが、いろんな人のブログや歯科医院の情報を見ても、普段のつけ外しでアライナーが歪んでしまった!という内容は今のところ見かけていません。

取扱説明書には、アライナーにできるだけ負担をかけない取り外しの方法も書かれていて、それにそってやるとラクに外れることが分かりました。

(私はアタッチメント22個もついていますが、アタッチメントが付いていない裏側に当てる指に力をかけて表側を浮かすようにするとラクにつけ外しできることが分かりました!)

「慣れ」ってこんなに突然来るんですね。

間食ができない食生活にも早く慣れたいBちゃんでした…。

 

余談。
Twitterで「愛犬にアライナーを噛み潰された!」という方を見かけました…。アライナーを外したら専用ケースにしまうのは必須ですね!破損したら再作成になってしまい、矯正期間が伸びてしまいますのでご注意を。